うらほだし-裏絆-



大好き
●PV:430921(05/10/17設置) ■絆(言論サイト)BBSメモリンクNoD F.O.R.C.E
書いてる人について(メッセ・mixi登録されたい方はこちら)
2004 | 00 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 |

05-12-24-Saturday

ネタとしてのクリスマス

街角には~♪ はい、昨日はイブ、今日はクリスマスでしたね、ふふふ。

シングルな私は、昨夜ですね、する事がないわけですよ。家に篭ってるのもどうかと思ったので、外食でもしてやろうと、外出したデスヨ。

うー外寒いね。 とか思いつつ繁華街に。予想していたとはいえ、カップルだらけですよ。

その中でさっそうとあえて道の真ん中を、胸を貼って、方で風を切りながら歩く私。

アホです。

しかし、ここで、問題が発生。

外食といっても、少し寝のはるお店はカップルだらけです。

さすがに、そこに入る勇気が無い私、中身はチキンハートです。

ですが、日記で書く事を考えれば、ここは入るべきです。

葛藤する私。

私はしばし、待ちを行く幸せそうなカップルを横目で見ながら考えたわけです。

「よし、入ろう」

ついに決断した私。

ドアを開けて店に入ります。

「いらっしゃいませー」

女性店員が営業スマイルで語りかけてきます。

「お一人でいらっしゃいました」

普段ならこんな事は言わないのですが、ネタのために言ってやりました。

店員:「・・・ お一人ですか、ただ今、テーブルは満席となっておりまして、カウンターならすぐに御用意できますが」

オレ:いや、テーブルで

普通なら、ここでカウンターをチョイスしますが、今日のオレはチャレンジ精神旺盛です。

店員: では、しばらくお待ち下さい。

一人で、他の席待ちのカップルと一緒に待つ俺。

カップルの視線が激しく痛いのですが、ポケットに忍ばせた、シンステ財布をぎゅっと握り締めて、心を強く持ちます。

f:id:DaI:20051226031043j:image

ああ、そう言えばこの二人もカップルなんだよな、ま、でも、私、カプ房ですし、いいか。

などと、支離滅裂な思考回路で何とかその場をしのぎます。

そんな意味の無い思考を巡らせている中、店員さんが、席が開いたことをつげにきます。

移動する私、(カウンターに座れよ、俺達に、席譲れよ)という視線を送るカップル。

そんな視線に負けそうになる、チキンハートな私、しかし外見は、「何か?」オーラをかもしだしています。

席に座り、ワインと、チキンを注文します。

もう一度言います、私は一人です。

しかし、ここで問題が一つ発生しました、そう私のメンタルです。

さすがに逃げ出したくなりました、今すぐお会計もせずに、この店を走り出したいです。

ですが、web上のテキストサイトを見回ってみてください、これ以上の勇者はたくさんいます。

オレなんて半端者です。

大体、ここで帰ったら、食い逃げで捕まります、もうオーダー通ってますしね。

そして、運ばれてくる料理、泣きそうになる私。

ですが、それを、外見に出す事はありません。

一人でワインと肉を食べる私。

勇者ならここで、他のカップルに何かしたり、店で奇声を発したりするんでしょうが、さすがに私にはそこまでできませんでした。

ただ、一言、「メリクリ」と。

メリークリスマスと言えないので、中途半端に。

店員と他のカップルの痛い視線は一層増します。

えっと、ここで、私と同じ様に、ネタのためにこういった事をしようとしている人に忠告です。

こういった時は、ダサい、もさい、いわゆる、オタク系の服で挑みましょう。

もしくは、サンタの格好で。

下手にこじゃれた格好でいくと惨めさがUPします、そう、今日の私の様に。

食事を終える頃、何を吹っ切れたか、気分は爽快感に包まれていました。

そこで店を出る際に、「メリクリ、いえっふー」と言ってやりました。

その後、また肩で風を切りながら歩いてやりました。

ここでもう帰っても、よかったのですが、まだ足りません、もっと面白い事をしなければ!!

と言う根拠の無い義務感がさえぎった私は、一つのアイデアを思い浮かびました。

そう、ナンパです。

しかし、そんな行為は私には未経験です、チキンハートなんで。

しかし、このサイトで面白記事を書くためだと割り切った私はチャレンジしてみました。

しかし、そもそもクリスマスに、女の子が一人で、あまりいないんですね。

いても、明らかに待ち合わせ中です、後は、女の友情を分かり合うかの、もしくは、本気で恋人なのか分かりませんが、女の子二人組みなんですね。

思い切って、待ち合わせ中の子に声をかけようかと思ったんですが、そんな事をして、トーキング中に、ボブ・サップの様な彼氏が顕れても困ります。

そこで思い切って、二人組みに、声をかけて見ることにしました、どうせ、ネタのためですしね、そこまできばらなくてもいいでしょう。


オレ: お姉さん、今時間ある?

お姉さん方: ・・・

早速、二人組みに話しかける私、そして無視される私。

人生初のナンパは見事に、玉砕しました。

さすがに、このダメージはでかく、20分ほど、凹んでいたのですが、しばらくすれば回復です。

二組目にチャレンジ・・・

撃沈、三組目、撃沈・・・ 以下、十二組目まで撃沈。

12という数字は、アニメではよくある数字です、ここでキリよく帰ろうかと思いましたが、それではネタとしてイマイチです。

このままチャレンジし続ける事に、しかし、気分転換に場所を変える事に。

途中で職務質問を受けそうになりましたが、警官を察知して方向を変えたりして、何とかしのぎました。

移動後も、数組話したのですが全て撃沈。

これは場所の問題では、無い事に気づいてきました。そもそも、二人組みというチョイスが間違っています。

私の容姿が間違っている気もしないでないですが、そちらを考えるとかなり(´・ω・`)となるのでプラス思考でいきます。

数は少ないですが、やはり一人の方を選び、お声をかけさせて頂くという事に。

その後も幾度か撃沈したのですが、なんと8人目で、「ちょっとだけなら」と成功。

しかし、ここで、またまた問題が、何せ初経験です。

どうしていいか分かりません、とりあえず、どこかお店でお話をする事に。

近くの、バーっぽい店に入り、私はカクテル女の子紅茶を頼み、しばし談笑に励みました。

正直、楽しかったです。

しかし、会話の中で問題が発覚、話を聞けば、どうもあまり学校に行っていないようです。

それが理由で後半は何か、半分説教みたいな話になりましたが、まあいいでしょう。

その後、女の子を駅まで送って、私も帰路につきました、メアドは交換していたのですが、その後でメール新学期からは学校に行ってくれると約束してくれました。

ネタのために、イブの街を徘徊したのに、最後は微妙にいい事をしてしまいました。

どうも、ネタ師には成りきれないようです。

祭神ケア祭神ケア2005/12/26 11:45よくやった! 感動したっ!!
DAYちゃん見習って、それぐらいのことをやるべきでした。
ナンパなんてやったことがないチキンな私で御免なさい。

DaIDaI2005/12/26 21:29ケアたん、こばわわ。いや、なんと言うか、おかしなテンションだったのでできた事です。多分、もうしませんよ(笑)

KJVCjULxtAAKJVCjULxtAA2007/03/18 04:32Google is the best search engine